千葉市の衆議院議員選挙について

千葉県千葉市は千葉県の県庁所在地であり、関東でも有数の人口を誇る都市の一つです。その人口の多さから、国政にも大きな影響を与える都市であり、衆議院議員の小選挙区では千葉県第1区から3区及び第9区にまたがって行われています。

千葉県第1区は、千葉市中央区、稲毛区、美浜区が区域となっています。この区は自由民主党に所属する臼井日出男氏の地盤として知られていましたが、近年は人口増加に伴い、民主党支持者が増え、民主党の田嶋要氏が強くなっています。前回も民主党逆風の中、田嶋氏が当選しています。

千葉県第2区は、千葉市では花見川区が区域となっており、ほかに習志野市と八千代市が区域になっています。この区は毎回激戦であり、他の都市型の区と同様民主党も強かったものの、前回は自民党の新人の小林鷹之氏が圧勝で当選を果たしています。

千葉県第3区は、千葉市緑区と市原市を区域にしています。この区は岡島氏と松野氏の争いとなっており、交互に当選を果たしています。

千葉県第9区は、千葉市では若葉区が区域になっています。この区は他の千葉市の区に比べると比較的自民党の強い区です。もっとも前回、自民党の秋本氏は勝利したものの、差はわずかでした。

今後も千葉市は民主党と自民党の争いになると思われ、民主党の巻き返しがあるか注目されます。